スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルド戦考察(とは呼べない)とUドロップ




ikuyo.jpg






こんにちは。いつもあなたのそばに・・・桃色作戦です。





最近ブログ読んでますって耳を本当に沢山いただいておりまして、皆様ありがとうございます!コミュ障なのでとっさの耳に返せず申し訳ございませんが、お声をかけていただけるのは嬉しいですし励みにもなります。





昨晩はGVGでした。GVGアリーナってなってこれが正式名称となったのでしょうか?昔は「ギルド戦」「ギル戦」「Gv」「戦争」等呼び方が混在してたと思うのですが、今は統一されてるのかな。





昨晩のGVGはこちらの参加率も良くて嬉しかったんですけど、結果は戦力差が激しく、大差で負けてしまいました。





BISが今回は1名参加してくれたので助かったんですけど、1名で2PTは忙しすぎだったですよね。それでも一生懸命頑張ってました。ありがとうございました!





最近のGVGを何度かやらせてもらって思ったことですが、僕が引退前にやってた頃とは、強豪ギルドとそうでないギルドの戦力差が大きく広がってしまっている気がします。これはプレイヤー数の減少が大きく起因しているものだと思います。プレイヤーの減少が及ぼす影響って沢山あって。そしてなぜプレイヤーが減ってしまったのかって理由もまた沢山あると思うので、難しいところだと思います。





以下に僕の考えについて書きましたけど、とっても長いのでお時間のあるときにでもご覧ください。





GVGやってみて思うのが、プレイヤーの強さ(装備・レベル等々)も以前の640がカンストと呼ばれていた頃と比べると転生等もあって、大きく差が広がってしまっていると思われます。レベルが低い人たちではどんな作戦を練っても太刀打ちできないのが現状だと思います(現在のギターはほとんど作戦は立てておりませんが)。





以前やってたギルドは強豪と呼ばれるところでしたが、他ギルドよりも平均レベルは100以上低かった。それでも当時はなんとか戦えていたんです。今は4転800以上のレベル帯が多く在籍しているギルドに立ち向かうには、恐らくそれに近い人達が揃うギルドでないと勝負にならないのではないでしょうか。





また、平均が同じくらいのギルドでも飛び抜けて強い人がいれば所謂「無双状態」となってしまい、レベルの低い方は楽しめなくなるのではないでしょうか。無双状態というのは、8年前にも勿論ありました。当時の僕のギルドにもそういう人がいました。その人はいわゆるトップランカーのレベルの人でしたが、当時は他の人と比べても200くらいしか差はありませんでしたので、そこを封じられて負ける事も度々はありました。しかし現在は弱い人は死んでしまうばかりで、参加する敷居が非常に高い。





これら問題を解決していく方法を僕なりに考えたのですが、まず一つは戦争特化のガチギルドにすること。強くなり、メンバーを集める事ですよね。当たり前だけど。以前のギルドはこういう考えでした。ただこれは、低レベルの人が楽しめなくなるんですよね。





当時の僕は最初、ガチGVGギルドだったけど、低レベル帯の人も歓迎というスタンスでやってました。でも、やはり低レベルで参加する人は楽しめなくなってくるんですよね。自分のエゴだったと悟りました。それで募集は250↑とかになりました。心苦しさもあったのですが、仕方ないことでもあった。最近のギターを見ても、レベルの低い方は最初からGVGに参加してないように思えます。申し訳無い思いもあり、自信がついてきたら是非参加して欲しいとも思います。





対策として当時は200までの人は別ギルドに入って、そこで力を磨くってやり方でやってました。所謂二軍みたいなものでしょうか。今は200制限とかもあるのでそれも良いのかもしれませんね。





もう一つが、他の鯖、またはこれまでの歴史についてしらないのですが、恐らくレベリングは事実上のカンストを迎えるので、徐々に個人の差は今後狭まっていくんじゃないかと思います。そこに行きつける人は良いのですが、その間に萎えてしまい辞めてしまう人達が沢山出てきてしまうのではないでしょうか。僕が元いた鯖を見ても、ランカーは当時知らなかった人ばかりですから。ここから先は職バランス、人数によって差がでてきるのでしょう。





そして、同じくらいの強さのギルドを探すことですね。中堅くらいなら、中堅くらいの相手と戦うこと。実はギターはこれまで強いところとばかりやってきており、そういうギルドとほとんど戦っておりません。良い勝負出来るんじゃないかと思われるギルドはあるのですが、以前と比較するとその数は少ないです。ギルドの数が少ないですからね。





理想はライバルギルドを見つけて、切磋琢磨しあっていくことですが、なかなか難しいですね。そもそもそれくらいの強さのギルドだと、GVGへの参加も消極的になってしまっているようにも見受けられます。参加してもどうせ負けてしまうし、楽しめなかった人達が萎えてしまうんじゃ・・・という考えに至ってしまうのはギルドマスターやってれば充分考えうることです。ギルドマスターをやってて一番留意すべきところが、メンバーのモチベーションの低下をどうにか抑制することのはずですから。





でも、ここが盛り上がれば、もっと楽しめる人が増えると思うんですよね。





参加したことがないのでわかりませんが、制限GVGというのは恐らくこういったところから生まれてきたものなんでしょう。そこにも様々な問題点があると思うのですが、楽しいものになっていけば良いと思います。制限GVGにはもっと可能性あると思うんだけどな。





これまでに誤解を生んでしまっているかもしれませんので追記しておきますが、僕は強い人や強いギルドを否定しているわけではありませんし、個人的な考えとしては、そこを目指すべきだと思います。最強と呼ばれる人がそれぞれの時期に生まれて、それによって波及されていく向上心もあります。僕も元々緊張感あるガチのGVGをやる為にやっていたようなものですから。強さを目指すのもこのゲームの最大の楽しみのひとつです。元鯖にも思い入れは強くありますが、そこを抜くくらいこの鯖の人たちには強くなって欲しいです。ガチでやるからには、全鯖トップを狙うくらいの気持ちであるべきだと思います。





まとめると、沢山のギルドがあり、切磋琢磨しあい、それぞれが上を目指していくのが理想だと思いますが、プレイヤー減等、様々な問題があり、難しくなっていってることを危惧しているということです。戦えるギルドを求めて、戦える人が集まれば地盤沈下してしまう。だから、もっと沢山のギルドが活性化していけば、そこで競争が生まれ、最強のギルドが誕生すれば・・・こんなのみんな知ってる話ですよね!ごめんなさい!みんなが楽しめる為に、ギルド戦というシステムを有効に利用していくにはどうすればいいのか、改めて考えてみたってことです。理想論ではあると思いますが、そうなってくれたらどれだけ楽しいのかとも思います。





最後に今後ギターをどうしていきたいか・・・・・・現状を反映させて考えてみると、いつかは強いギルドにしていきたいですけど、今のみなさんのまったりプレイも居心地が良いし、徐々にレベルアップしていければ良いんじゃないかなと思います。GVGに向けて強くなっていこうとすれば、どうしても何かしらの新たな問題が生まれるのは経験上知ってるし、メンバーの皆さんが焦る必要は無いです。勿論、手に汗握る熱いGVGもやりたい!徐々にバランスの良い相手と戦いながら頑張っていくのが良いと思うんですけど、難しいですね・・・でもそれはマスターの仕事です。





【まとめ】


ライバルギルド募集してます!!!!






こんなオチでよろしかったでしょうか?勢いでがーっと書いたので、あとから修正するところもあるかもしれません。乱文失礼いたしました。




ちなみに当方、800↑2名、700↑2名程度です。平均500くらいでしょうか。




「良い勝負できそう!」って対戦してくださるギルド様大募集です。




あとメンバーも全職募集してます。勿論、レベル・職等の制限は無し!皆で一緒に頑張っていきましょう!今は弱くても、いつかは僕もあなたも強くなれます!




BISさん・・・BISさん・・・。





なんかやたら長い文章だけになっちゃったので画像も載せましょう!読むのめんどい方はこちらだけご覧ください。





とはいってもいつものUドロップですが





haee.jpg
piipaa.jpg
toratora.jpg
baipaaaaaaaax.jpg
dwa.jpg
ta-kura.jpg
siruba.jpg
snebo.jpg
syusekig.jpg
sobro.jpg
haruo.jpg
ooomega.jpg
luckx.png
juxx.jpg
te-x.jpg
kuraru.jpg







実は今回凄いのが落ちました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

gvしてるとこ少な過ぎてなかなか難しいですよね(o_o)
もっと増えて欲しいですね(o_o)

No title

>>たまねえさん
ほんとですね。
いろいろ書きましたけど、おっしゃる通り、GVGしてるギルドが増えると変わってくると思います。

No title

対戦ありがとうございましたmm

私ギルド作る時、ギターみたいなGいいなぁと思って作ったので
募集のスタンスは同じだと思います。
特に私は街叫びの初心者さんしかほぼ声かけないです。

が、どうもギルド戦をちょこちょこ組みだしたところ、Gvしたいって潜在ユーザーが
うちに大分流れてきて強くなってしまったのが現状ですね。

4転NGギルド戦でも、600以下ギルド戦でも、人さえつきそうなら
いつでもお受けしますので、宜しくお願いしますmm

No title

>>あるまーにさん
こちらこそありがとうございました!

あるまーにさんの目指すギルドってのは、以前よりお話うかがってたので承知しているつもりでいます。良いギルドになってるなあとも思ってます。

今回僕が考えたジレンマって、強い弱い関係無く陥っていくところだと思うんですよ。

人口の減少に伴って、バランスが崩壊してしまうってのは、現状仕方ないところだし、とらいふぉ~すさんもそこは大変だろうなと思ってます。ほんと、お気持ちお察しします。

鯖内でのバランスって自分じゃどうしようもないですしね。対戦相手が限られてくるのもつまらなくなるだろうし。

これは強かろうが弱かろうが同じようなものだと思います。このままだとギターが圧倒してしまうGVGもあるだろうし、それはお互い不幸な事になってしまうのかも。

僕が一番危惧してるところは、初心者やまったりプレイしてる人たちのモチベーションの低下なんですよね。僕は死んでもなんとか!って思っちゃうんですけど、やっぱり萎えていく人たちも大勢いるわけで。その点でいえば、やっぱり制限GVGなのかなと思うのですが・・・難しいですね。

たまねえさんのおっしゃる通り、もっとGVGするギルドが増えれば、マッチングも出来ると思うのですが、それぞれのギルドの考え方も勿論ございます。

マッチングも難しいのは重々承知なんですよね。ぱっと見、良い勝負できるかなと思っても、実際は圧倒したり。

また、圧倒されて萎えていく人もいれば、圧倒できないと萎えていく人もいるだろうし、全ての人が納得できるGVGなんてものはありえないのでしょうし。

以前と比べると、今後ギルドマスターは苦労が増えると思います。長期ブランクがあった僕が全く言えた事ではないんですけれども、お互い頑張っていければ良いと思います!

もっともっと活性化していけば良いなあ。

No title

色々と考えていくと、以前紹介していただいた、ランキングサイトの製作者の方々には頭が下がる思いです。

みなさんRSが好きだから、頑張られてるのでしょうね。実感が生まれてきました。

僕の個人的な考えですけど、アリーナじゃなくて鯖内のGVGがもっと活性化されてもいいんじゃないかなと思います。

勉強不足なのでわからないですけど、物資が減っちゃうからアリーナってことなんですかね?

以前は物資大量に使ってでも鯖内でGVGやれてたわけだし、もっとうまく活用していけないのかな。

やっぱGVGやってるギルドが限られてるって問題にぶつかるのか。それも人口減少によるものと。

No title

話がごちゃごちゃしてきてる(僕がごちゃごちゃしてるだけ)ので、少し補足を

僕は強い人と弱い人の差を縮めて欲しいって言ってるわけじゃないです。

苦労して強くしたのに、始めたばかりの人と強さが変わらないとかそんな馬鹿な事はないです。

強くした人は強くあるべきです。圧倒できる程の力を持ってて当たり前。並大抵の苦労をしてるわけじゃないのですから。

しかし、GVGの同じフィールドに強い人弱い人が立つと結果は明らかです。これは昔からそうです。

ただ、装備や転生、上限レベル等によりその差は広がってはいます。

どんな人でも楽しめるようにするのであれば、マッチングが重要になってくる。

でも、その為にはGVGに沢山のギルドが参加する、また、ある程度のプレイヤー人口が必要となる。

まとめるとこういう話でして、恐らく以前からそういう話はされてきてたと思います。

改めて、その問題について考えてみたということです。

No title

色々考えてみたら、僕が沢山GVGをしたいだけなのかもしれない。


もうちょっと考えてみます。




コメントが本文に追いつきそう。
プロフィール

桃色作戦

Author:桃色作戦
以前は黄鯖ギルド「福岡県民会」のGMをFreshmintというキャラでやってました。

現在は月鯖にて「ギターによる焦燥音楽」のGMやらせていただいております。

月鯖ギルド「ギターによる焦燥音楽」ではギルドメンバーを募集しております。

・良マナー、PT狩場ではサボらず頑張ってる方
・ポジティブな方
・復帰/初心者歓迎
・チャット苦手、コミュ苦手な方
・愉快なメンバーと交流を持ちたい方
・攻城/Gv大好きな方

以上当てはまる方は大歓迎いたします!

ゲーム中「桃色作戦」までお気軽にご連絡ください!

©2014 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.©2014 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RED STONE
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。